コーチングと自己啓発は大きく違う!勘違いされやすいことを詳しく解説します

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

コーチングは自己啓発と同じようなものだと勘違いされている人が多く、残念ながら「なんとなく怪しい」「胡散臭い」という思い込みをしているケースがよくみられます。

実際に私たちのクライアントの中にも「コーチングと自己啓発って何が違うのですか?」と聞かれた方もいました。

確かに、コーチングのことをよく知らないとなんとなく自己啓発と同じだと思ってしまうのも理解できます。
しかし、コーチングと自己啓発には明確な違いがあります。

この記事ではコーチングと自己啓発の違いについて解説し、それぞれでしっかりと効果を出す方法について紹介していきます。
特にコーチングを受けようかどうか迷っている方はぜひ最後まで読んでいただくことをおすすめします。

1.コーチングと自己啓発の大きな違いについて

まず、コーチングについてですが、コーチングとは、コーチとクライアントが対話を行い、コーチが「質問」を繰り返すことでクライアントが心から望んでいることを実現し、クライアントが決めた行動を最後までやり通せるようにサポートすることです。

コーチングの進め方

「目標達成を支援する」というと漠然としていますが、例えばビジネスマンであれば

  • 仕事のパフォーマンスを高めたい
  • モチベーションを上げたい
  • タイムマネジメント能力を向上させた
  • 社内でのコミュニケーションスキルを向上させたい
  • 転職・独立をしたいがどうすればいいか悩んでいる

そのほかにも

  • 悪い習慣をやめたい
  • ネガティブな自分を変えたい
  • どうしても達成したい目標や夢がある
  • 人生の目標を見つけたい
  • 人の目を気にせず自分らしく行動したい
  • 親子関係を改善したい

など、コーチングが活躍する場面はさまざまです。

これだけ見ると、「自己啓発と何が違うの?」と思われるかもしれませんね。

自己啓発は英語で「self development」ということからわかる通り、自ら能力を高めることを目的とします。
例えば、自己啓発本を読んだり、自己啓発セミナーなどに行ったりして、自分で学ぶという行為が自己啓発です。

そのため、自己啓発関係の本やセミナーであるような「自己実現」や「コミュニケーション」といったテーマ以外にも、仕事のパフォーマンス向上や英語の学習といったものも全て自己啓発になるのです。
(あくまで「学ぶ」ことが目的であり、それに「ハマってしまう」ことは別の問題があります)

コーチングはコーチとクライアントの「対話」によって、クライアントが目標達成のために必要なことに「気づき」を得る、というプロセスがあり、自己啓発のように何かから学ぶというものではない、というのが大きな違いといえるでしょう。

300名以上の目標達成をサポートした
コーチングを体験できます。

体験申込み(無料)

2.コーチングや自己啓発で効果を出すために必要なこと

コーチングも自己啓発もそれだけで効果が出るものではありません。
特に自己啓発については「自己啓発はやるだけ無駄」と言われてしまうほど、多くの人がただ時間とお金を無駄にしているのが現状です。

それでは、それぞれでしっかりと効果を出すためにはどうすればいいのでしょうか?

2-1.コーチングで効果を出す方法

コーチング成果を出すためには、コーチングで成果が出ないケースを知れば良いでしょう。

例えば、別に今の自分を変える必要はないと考えている人や現状に満足している人には、コーチングは効果がありません。

なぜなら、コーチングはコーチの質問に答えていくことで自分の内面に向かい合うものなので、自分を変える必要がないと思っている人はそもそも内面に向き合うことが難しくなるでしょう。

また、コーチから解決策を教えてもらおうという姿勢の人もコーチングは機能しません。

コーチングは自己啓発と違い、「答えは自らの内側にある」という考えのもと行われます。
そのため、自己啓発のように方法は教えてはくれません。それは教えること、つまり「ティーチング」というものになってしまいます。

あくまでコーチングは質問により「気づき」を得ることで自ら解決策を見出し、行動につなげることを目的とします。

こうしたことから

  • 何としてでも達成したい目標がある
  • 絶対に現状を変えたい
  • 自分に向き合うことができる
  • 素直に受け入れ、行動に移すことができる


といった方はコーチングできっと効果を出すことができるでしょう。

※コーチングについては以下の記事で詳しく解説しているので、興味のある方はこちらもご覧ください。

【図解付き】コーチングとは何か?効果や進め方などわかりやすく解説

2-2.自己啓発で成果を出す方法

一方、自己啓発はどちらかというと「受け身」で必要な情報をインプットしていくことがメインになります。

そのため、ただ自己啓発本を読んだりセミナーに行くだけでは当然結果は出ません。

自己啓発のセミナーにおいては「やる人は10000人に100人、続ける人は100人に1人」と言われており、学んでもやる人というのは1%に過ぎません。これはおそらく自己啓発本においても同じでしょう。

つまり、99%の人は学んだことを行動することはできないのです。
自己啓発にハマる人のほとんどは「ノウハウコレクター」になってしまい、「学ぶこと」を目的にしてしまい、身になっていないという現状があります。

しかし、なんのために自己啓発をしているのかを思い出してください。
自分自身を成長させるために自己啓発をしているはずです。

人の脳は「出力依存」であると言われています。
出力依存とは、アウトプットすることで初めて学習するということです。
ですので、インプットしたらすぐに、実際に行動したり人に話したりしなければ身につくことはありません。

これは自己啓発においては基本的なことですが、「とにかく行動」するということが重要です。

とはいえ、人の思考というのは複雑なもので、「とにかくやれ」と言われてもできるものではありません。
なぜなら、私たちの脳には「私にはできない」「完璧にやらなくてはいけない」など、多くの「思い込み」があるからです。

また、自己啓発の多くは著者や講師の「体験談」をベースに語られたものも多くあるので、あなたが同じことをしてもうまくいくとは限りません。

自己啓発で結果を出すためのは行動をするのが基本ですが、伝えれている内容の「本質」についても理解する必要があります。

この辺の話は非常に長くなってしまうので、詳しく知りたい方は自己啓発本やセミナーが意味ないと言われる理由とは?効果を出すための方法をご覧ください。

300名以上の目標達成をサポートした
コーチングを体験できます。

体験申込み(無料)

3.まとめ

コーチングと自己啓発の違いについて解説しました。

比べていただくと全く違うものだということがお分かりいただけるかと思います。
どちらも自らを成長させるための手段という点では同じですが、そのための方法が大きく違います。

コーチングにせよ自己啓発にせよ、「何のために行うのか」を明確にし、そのための行動をしなければ効果はありません。

ぜひあなたに合った方法を決めていただき、自らの成長に生かしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

20代、30代向けコーチングで目標達成をサポート!

この記事をご覧のあなたは、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 自分らしい働き方を見つけ、理想的なキャリアを築きたい
  • ビジネススキルを向上させ、社内で活躍したい
  • コミュニケーション能力を向上させ、 信頼関係を構築できる自分になりたい
  • もっと自信をつけ、望む人生を歩みたい
  • 独立や起業をして自分らしい生き方あり方を見つけたい
  • 今後のキャリアにおいて自分らしい目標を見つけ、 歩みを進めたい
  • 良い習慣を身につけ人生の質を向上させたい


20代、30代の方で、もしも仕事や人生において”今よりももっと”良くしていきたいとお考えであれば、ぜひ私たちの提供するパーソナルコーチングについて知っていただきたいと思います。
どんな些細なことでも構いませんので、何かございましたらお気軽にご相談・お問い合わせください。
まずは体験セッションを受けていただくことで、私たちのコーチングに触れてみてください。

サービスの詳細を見る

こちらの記事も読まれています。