目標達成を実現する環境があります

「目標達成を実現するためには行動が大切」だということはよく耳にするかもしれません。
しかし、私たちには「行動を妨げる思い込みがある」「自らモチベーションを上げることができない」「習慣化することができない」「自信がない」というように、生み出される「感情」が原因で行動に移すことができないことが多々あります。

それは、方法論を知っていても、それを実際に行動に移すための「行動のメカニズム」は全く別物だからです。
つまり、知識と行動には大きなギャップがあるのです。

こうしたギャップを埋めるために私たちはコーチングによって、クライアントを最高の状態へ導き、目に見えない意識レベルにおける変化、すなわち「本質的な変化」を生み出すことで目標達成を実現していきます。
本質的な変化とは、クライアントの生み出すもの行動や思考など全てが変わることを意味します。そうすることで、当然得られる結果も変わってくるのです。

また、コーチングは多くの場合、その場のモチベーションアップで終わってしまうことが多く見られるのが現状です。
これは私たち自身が過去にコーチングを受ける中で違和感を痛烈に感じたことです。
コーチングによって一過性の効果に終わらせるのではなく、継続的な行動によって初めて継続的な成長を手に入れることができ目標達成を実現できる。それが私たちが本当に提供したいものです。

こうした違和感を感じてほしくない。
だから、私たちはコーチングセッションにおいて具体的なアクションプランの設定により確実に行動することだけでなく、コーチング終了後もクライアントが決めた行動を定着させるためにフォローアップや定期的なフィードバックを行います。
こうしたクライアントの継続的な行動ための仕組みを提供することで、目標達成を実現し、確実に理想の自分を手に入れるためのサポートをしていきます。