20代・30代の目標達成・自己実現をサポート

私たちのサービスを受けていただいている方は主に20、30代で”今よりもっとよくなりたい”と考えている方です。
この時期は仕事や家庭環境、プライベートなどにおいて変化が多様であることから多くの悩みを持つ時期であり、人によっては転職や独立起業など大きな目標を実現したいと考えるタイミングでもあります。

大きな目標やビジョンがある人もいれば、「何がやりたいのかわからない」「どうすればいいのかわからない」という人も非常に多いのがこの時期の特徴でもあります。

私たちはこれまで300人を超えるクライアントをコーチングをする中で、こうした悩みや不安などを多く扱ってきました。
コーチングを受けるまでは、ほとんどの方が1人で悩み、葛藤し、決断をしてきました。
そしてほとんどの方が「もっと早くコーチングを受けていればよかった」とおっしゃっています。

悩みや不安を抱えるということは、将来を見据えたときに成長の可能性が最も大きいといえます。
だからこそ後悔しないためにも二人三脚で理想の自分を手に入れるために伴走していくことが大切なのです。

日本ではビジネスパーソンがコーチをつけている人はまだまだ少数です。それどころか「コーチング」という言葉すらそれほど認知されていません。
しかし、若いうちからコーチをつけることは今の人生を見直すきっかけとなるばかりではなく、今後のキャリアにおいても大きな財産となるなることは間違いありません。
だからこそ、今悩んでいる20、30代の方が理想の自分を手に入れることができるよう、私たちは精一杯サポートさせていただきたいと思っています。

本当に望むビジョンを実現する環境があります

「目標達成を実現するためには行動が大切」だということはよく耳にするかもしれません。
しかし、私たちには「行動を妨げる思い込みがある」「自らモチベーションを上げることができない」「習慣化することができない」「自信がない」というように、生み出される「感情」が原因で行動に移すことができないことが多々あります。

それは、方法論を知っていても、それを実際に行動に移すための「行動のメカニズム」は全く別物だからです。
つまり、知識と行動には大きなギャップがあるのです。

こうしたギャップを埋めるために私たちはコーチングによって、クライアントを最高の状態へ導き、目に見えない意識レベルにおける変化、すなわち「本質的な変化」を生み出すことで本当に望むビジョンを手に入れるためのサポートを行います。
本質的な変化とは、クライアントの生み出すもの行動や思考など全てが変わることを意味します。そうすることで、当然得られる結果も変わってくるのです。

また、コーチングは多くの場合、その場のモチベーションアップで終わってしまうことが多く見られるのが現状です。しかし、コーチングは単なる自己啓発や思考の整理が目的ではなく、長期的にコーチとクライアントが伴走することで本質的な変化を生み出していくことが重要なのです。
これは私たち自身が過去にコーチングを受ける中で違和感を痛烈に感じたことです。

コーチングによって一過性の効果に終わらせるのではなく、継続的な行動によって初めて継続的な成長を手に入れることができ、理想のビジョンを実現できる。それが私たちが本当に提供したいものです。

こうした違和感を感じてほしくない。
だから、私たちはコーチングセッションにおいて具体的なアクションプランの設定により確実に行動することだけでなく、コーチング終了後もクライアントが決めた行動を定着させるためにフォローアップや定期的なフィードバックを行っています。
クライアントの継続的な行動ための仕組みを提供することで、目標達成を実現し、確実に理想の自分を手に入れるためのサポートをしていきます。

大きな目標を達成したい方、また、少しでも不安や悩みがある方はぜひ私たちに相談いただければ幸いです。