アファメーションで願いを実現させる方法と実践するときの注意点

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

人は願い事をした時に、どのような行動をとるでしょうか?

きっと目標を決め、その実現にむけて努力することでしょう。周囲に宣言して覚悟を決めたり、協力を求めたりすることもあります。

古来より日本には「言霊」という信仰があります。「言葉には力が宿っている」というものです。

現代でも、言葉には「引き寄せの力」があると考えられています。

願いや希望をイメージするだけでなく、ポジティブな言葉で表すことによって幸運を引き寄せるのです。
逆にネガティブな言葉を用いることによって、不運が舞い込みます。

これは、言葉に表すことによって、自分の潜在意識(無意識)に働きかけているのです。

潜在意識に働きかけることでマインドや行動が変化し、結果的に願いを実現しやすい環境を自ら作り上げることができます。

アファメーションはこのように「自分に対して肯定的な言葉をかける」ことで、あなたの夢を叶えてくための方法になるのです。

  • 何を願っても、自分には叶えることはできない
  • 自分は不運の星の下に生まれてきたのだから仕方がない

このように、願いを諦めたりしていませんか?

もしかすると、あなたは自分自身で、願いを叶えることにブレーキをかけているのかもしれません。
それはとてももったいないことです。アファメーションは効果的に活用することで、あなたの可能性を手にすることができます。

しかし、やり方を間違えると効果がないばかりか、「やっぱり無理だ」と自己否定してしまう結果となってしまうので正しく行う必要があります。

今回は、「アファメーション」によって、願いを実現させる方法と注意点についてお伝えしていきます。
アファメーションによって、自分自身にかけているブレーキをはずしていきましょう。

1.アファメーションの意味とその大きな効果について

1-1.アファメーションとは肯定的な宣言による自己暗示

アファメーション(affirmation)とは、「肯定的な宣言」という意味です。
否定的な宣言は、アファメーションには含まれません。

例えば、

「私は幸せである!」
「私は充実した毎日を過ごしている!」

といったものになります。

こうした肯定的な宣言を習慣化することで、「自分はそうなんだ」と認識させるわけです。
これは意識面だけでなく、潜在意識にも強い影響を与えていきます。

つまりアファメーションとは、強力な自己暗示なのです。

なぜこのような自己暗示が重要なのでしょうか?

例えば、「人生はポジティブな方が上手くいく」と頭でわかっていても、心の中はネガテイブな人は多いのではないでしょうか?

これは、いくら頭の中で思っていても潜在意識が納得していないから起こるものです。

潜在意識は過去に経験したことや考え方などが蓄積されていて、私たちが意識せずとも常に動いています(ちなみに、私たちが普段意識している「顕在意識」は全体の意識の10%に過ぎないのです!)。

潜在意識

ですので、これまであなたがネガティブな思考していたのであれば、潜在意識の中にネガティブな思考が刻まれているので、いくら「ポジティブになろう!」と思っても難しいのです。
心からポジティブな言動などできません。

表面的な理解だけでは、自分の心を動かすことはできないのです。

願い事はビジネスのことかもしれませんし、恋愛についてかもしれません。

いずれにせよ、アファメーションを行うことは願い事を実現させるための確かな歩みとなるのです。

1-2.夢を実現させたイチローの作文

アファメーションの実例として挙げられるのが、プロ野球で活躍するイチロー選手や、プロサッカーで活躍する本田選手です。

現状でもアファメーションを意識したコメントを発表されていますが、注目すべきなのは子供の頃の発言です。

イチロー選手が小学6年生の頃に書いた作文「僕の夢」は、とても有名ですね。教育の現場でもよく引用されています。

内容としては、

「僕の夢は一流のプロ野球選手になることです」

から始まり、

「そのためには中学・高校と全国大会で活躍する」

「3年生の頃からは365日中、360日は厳しい練習をしているのだから、必ずプロ野球選手になれる」

「中日ドラゴンズか西武ライオンズに、契約金1億円でドラフト入団する」

「一流選手になったらお世話になった人たちを試合に招待して応援してもらうことも夢」

と宣言しています。

おそらくイチロー選手は、作文としてクラスのみんなに公表するだけでなく、何度も自分の夢を自分自身に語りかけてきたことでしょう。

2.アファメーションの方法とポイント

2-1.アファメーションの手順

アファメーションの手順

アファーメーションを実践することは、そこまで大変なことではありません。毎日少しの時間を割けばいいのです。ですから誰にでも実践が可能です。

ただし、いくつかのコツがあります。

手順やポイントを間違えると、アファメーションを実践したつもりになっているだけで効果を得ることができなくなってしまいます。

まずは、アファメーションの手順についてお伝えしていきます。

①自分がどうなりたいのか、具体的にイメージしましょう
②それを言葉にします。口に出す前に、色紙に書くことや、メモすることなどをしましょう。
言葉を実際に書いてみることは、イメージすること以上に強く潜在意識に働きかけます。
③書いた言葉を言葉を口に出して宣言します

手順自体はこれで完了ですが、毎日行うことが大切です。継続することで自己暗示を強くしていくのです。

毎日、朝晩2回、鏡の前で宣言するようにしましょう。

独り暮らしであれば問題ないでしょうが、家族と一緒に暮らしていると実践するのはなかなかハードルが高いかもしれません。
恥ずかしがって声が聞き取れないほど小さくなってしまったりします。

しかし、それでは潜在意識に働きかけることは難しいのです。あなたの夢を叶えるために覚悟を決めて実践しましょう。

2-2.アファメーションを行う際のポイント

アファメーションの注意点

ここではアファメーションを行うときのポイントをお伝えしていきます。
成果を出すためにも必ず正しい方法で行うようにしてください。

最も重要な点は

  • 言葉にする時はすべて肯定的な表現を使うこと
  • 言葉にする時はすべて現在形で表現すること

の2つです。

例を出して考えてみましょう。

私は年収が少ないが、1000万円稼げるお金持ちになりたい

という宣言はどうでしょうか?

こうした宣言をしてしまいそうですよね?ですが、これはよくない例です。

まず、「年収が少ない」という言葉が「否定的な表現」です。人は、否定的な言葉の方が潜在意識に強く働きかけます。

否定的な言葉を使うことで「自分は年収が少ないんだ」という認識が植えつけられることになるのです。

また、「お金持ちになりたい」というのは現在形ではなく、「今とは違う自分」をイメージしていますが、これは現状への否定です。

これも上と同じで、「自分はお金持ちじゃないんだ」という否定的な認識が植えつけられてしまいます。

例えば

  • 私は1000万円を稼げるお金持ちになりつつある
  • 私は1000万円を稼げるお金持ちに向って歩んでいる

といった表現が適切です。

そして、
必ず一人称の「私は」から始めます。
語尾は「~である」、「~している」、「~しつつある」という表現を使いましょう。これらはいずれも「肯定的」かつ「現在形」です。

また、ポジティブな単語を盛り込みながら、できるだけシンプルにまとめます。
ルーティンとして毎日声に出して繰り返すことになりますので、短い方がいいですね。

お金持ちになりたいのであれば、「私は日々どんどん豊かになっている」というのがシンプルでいいのではないでしょうか。

3.効果が出ない時や注意点

3-1.イメージが伴わないバーチャルな願いになっていないか

アファメーションすれば何でも願いが叶うというわけではありません。

例えば次のようなアファメーションはどうでしょう?

私はジェフ・ベゾス氏を超え、20兆円の資産を築く道を進んでいる

20兆円というあまりに非現実なものはイメージが伴わないでしょう。

20兆円といえば、日本の国家予算の25%もの金額です。世界トップの資産家を遥かに上回っています。

このように、あまりにもギャップがあるようなイメージが伴わない願いはアファメーションすることは難しいのです。

なぜならリアル感がないためです。
現状の自分とのギャップによって、潜在意識がそのアファメーションを拒絶してしまうのです。

リアル感を出すためには、願いを考えるときに

  • 何が見えるのか
  • 何を感じるのか
  • 何が聞こえるのか

をイメージしてみましょう。

アファメーションでイメージする男性

とはいっても、その願い事が叶うまでの道のりを細かくイメージする必要はありません。

お金持ちになりたいという願いがあるのに、それを叶える道のりを細かくイメージしていくと、「もっと努力する必要がある」、「もっと苦労する必要がある」、「もっと一生懸命働く必要がある」という思考に行きついてしまいます。

そうすると「だったら難しいな」というように、自分にブレーキをかけてしまうのです。この場合は、お金に対してのブレーキでもあります。

このブレーキを外すのが、アファメーションの目的でもあるので、イメージできる範囲であれば、やや抽象的な表現でも問題はないのです。

3-2.ネガティブな単語の使用をしていないか

ネガティブ

ポイントでもお伝えしましたが、アファメーションは「肯定的」な表現をしなければなりません。

ですが、人は一日の生活時間の80%ほど、ネガティブな思考をしているといわれています。
普段からネガティブな思考をしていると潜在意識に刷り込まれてしまうため、ついアファメーションの時にもネガティブな言葉を口にしてしまいがちです。

しかし、特にアファメーションは、ネガティブな単語や表現を使っている限り効果は発揮されませんので注意してください。

ですから、アファメーションを行うときには積極的にポジティブな言葉を使用していくべきです。
「最高だ」「楽しい」「幸せだ」「素晴らしい」といった言葉もどんどんと取り入れていきましょう。

2-3.継続的に行うことが重要

アファメーションは1日2日やったところでは効果はありません。継続することが大切です。

アファメーションを始めて、表情や行動が変わってくるまでに1週間、ブレーキをはずせるようになるのに2ヶ月、願い事を叶えるほどのセルフイメージまで高めるのに1年、そして実際に願い事を叶えるのに3年の月日はかかると考えておいた方がいいでしょう。

アファメーションで効果が出るまでの時間

3年と聞くと「そんなにかかるの?」と落胆される方もいるかもしれませんが、自分が心から叶えたい願いであるならばそれぐらいの時間を費やすことは決して長い期間ではないでしょう。

もちろん、願いの大きさによってはこれよりも短くて良い場合もありますが、いずれにしてもめげずに続けることが重要だということです。

この期間の中で、少しずつ自分が変わっていくことに気づけるはずです。
そして自分が変わることで環境も大きく変わっていきます。

良好な人間関係が構築されるようになったり、周囲の人から頼りにされたりするようになります。

願いが叶うまでに変わる様々なことをぜひ実感してみてください。

まとめ

アファメーションは自分に対する肯定的な宣言により夢を実現させるものです。

慣れないうちは違和感があるかもしれませんが、その効果は非常に大きいものです。

決して諦めず、アファメーションを継続していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket