経営者にこそコーチングが必要な理由とは?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

世界的優良企業の約35%のCEOや役員、日本でも上場企業の約12%の経営者や役員がコーチをつけているということをご存知でしょうか?

経営者は先見性や決断力、行動力、統率力などが必要であり、日々多忙な毎日を送りながらも振返りをし、会社の成長を考えていかなければなりません。

しかしながら、経営者という立場から誰にも相談できなかったり、目の前の業務が多忙であることから思考の整理をする時間が取れない経営者も数多くいます。

そこで、コーチングを定期的に受けることによって経営者だからこそ抱える悩みを解決するきっかけとなることから、今では多くの経営者がコーチをつけているのです。


1.経営者が抱える悩み

1-1.経営者は孤独である

会社の規模にもよりますが、経営者となると日々、多くの社員と接する機会が増えてきます。

会社の売上や組織のこと、新商品開発や新システム、さらに今後の事業計画など考えることは膨大であり、様々な会議に参加したり報告を受けることになります。

経営者は常に誰かと接していますが実際のところ経営者は「孤独」です。経営者だからこそ孤独だといえるでしょう。

経営者はその立場上、社員に弱い部分を見せることができません。「売り上げが思うように伸びない」「社員が思うように働いてくれない」といった愚痴などとても口に出すことはできないでしょう。

社内にネガティブな雰囲気が広がってもメリットは何もありません。
そのため経営者はポジティブな気持ちで社員と接する必要があるのです。それは経営者としての役割のひとつでもあります。

そうなると相談する相手が社内に誰もいないことになり、悩みをひとりで抱えがちになってしまいます。会社と社員の未来という重責を背負いながらも、経営者は孤独と戦っているのです。

この孤独感をいかに解消していくのかが経営者の問題のひとつです。

自分のことを振り返る機会がない

上司が部下に「この部分は改善した方がいい」と指摘することは簡単にできますが、逆に部下が上司にそういった点を指摘するのはとても困難でしょう。

つまり地位が上になればなるほど、フィードバックされる機会が少なくなっていきます。経営者ともなれば社内でその言動について指摘する人はほとんどいなくなります。

フィードバックの機会が少なくなるため、経営者はどうしても自分を客観視しにくくなります。

もしかすると気づかぬうちに会社や社員に悪影響を及ぼす言動をしているかもしれません。問題に気づいた時点ではもはや手遅れになっている可能性もあります。

さらに会議に出席したり、報告を聞いたり、他の会社の経営者との交流など多忙になり、自分を省みる時間もとれないままになりがちです。

忙しいということはそれだけ会社が繁盛しているともいえますので、経営者にとっては嬉しい悲鳴なのですが、そのために自分自身のことは後回しになってしまい、自分自身の言動や問題点を見つめている時間が確保できないという弊害もあります。

人材育成の難しさ

経営者の大きな役割として、強い組織を作り上げて、それを維持していくことが挙げられます。

そのためには能力が高く、変化に柔軟に対応でき、リーダーシップを発揮できる人材の育成は不可欠です。

自分の後継者というべき人材を育てていかなければなりません。
しかしそういった人材を育成するには、一方的に知識を伝えるだけの「ティーチング」では限界があります。

社員にどう関わっていけば、これから先激動していく社会に対応していける人材を育成できるのか、コーチングの知識や体験がまったくない経営者にとっては難しい問題です。

よくあるのは、たたき上げで経営者になった人がその部下に対して同じように指導をしてしまうというものです。
しかし、そうした方法が全ての部下に通用するわけもなく、下手をすると離職に繋がることもあります。

できれば有望な若手社員をどんどん育てていきたいものの、その手法がわかりません。
結果として思うように人材育成ができないという悩みを抱えることになってしまいます。

300名以上の目標達成をサポートした
コーチングを体験できます。

体験申込み

2.経営者にとってコーチングが効果的な理由

2-1.コーチは良き理解者であり、パートナー

前述のとおり経営者は孤独です。相談する相手がいないこと、これが経営者にとって大きなストレスの原因になっています。

コーチには守秘義務があり、相談された内容を口外することはありませんし、いくら愚痴をこぼしてもそれが社内に影響することもありません。
経営者の話相手になるということ、これはコーチにとってとても大きな役割になります。

コーチは決してビジネスについて専門的なアドバイスを行いません。その分野の専門的な知識がないからということもありますが、コーチングには不要なものだからです。

コーチングで重要なことは相手の話を聴き、それを受け止め、それによって経営者が抱える本当の問題点や解決策を引き出すことです。

自分の弱い部分をさらけ出して相談できる相手の存在はとても重要です。さらけ出してもいいという安心感が、本当の自分と向き合う機会を生み出してくれます。

このようにコーチは成果を出すための指導者ではなく、経営者の隣に寄り添って励ましてくれる理解者であり、パートナーなのです。

2-2.新しい視点を持つことができる

クライアントはコーチの質問への回答を考えることで内省を行います。
そうすると思考が整理され、今まで見えていなかった自分の問題点に気づくことができるようになります。

自分一人で内省するのと、他人から質問を投げかけられるのとでは内省できる「深さ」が違います。
コーチから質問をされることで、今まで考えたこともなかったような気づきを得ることは多々あります。

多忙な経営者はなかなか自分のことに時間を割けなくなります。
新しい視点を得る機会も少なく、どうしても一方的なものの見方になりがちです。

だからこそ自分にとって都合の悪い問題点を見えなくしています。そこで、コーチングを受けることで新しい視点を持ち、問題の解決策を考え、行動に移すことができるようになるのです。

2-3.ビジョンを明確にできる

経営者はやるべき事や考えるべき事が多く、本当に目指すべき未来やそのために最も重要な取り組みは何なのかがぼやけてしまうこともあります。

ゴールを明確にし、その目標を達成したビジョンをはっきりとイメージさせることもコーチの大切な役割です。
そのため、コーチングにより自分や会社の目標は何なのか、その実現のために何をすべきかが整理できるようになっていきます。

Coachとは本来は「馬車」という意味です。馬車は大切な人を、その人が望む場所に的確に送り届けます。
こうしたことから、目標を達成するために支援することを「コーチ」と呼ぶのです。

新しい視点を得ることと共に、ビジョンが今までよりも明確になることで、新しいアイディアも生れていくことも経営者がコーチングを受けるメリットといえるでしょう。

2-4.人材育成のコツがわかる

人材育成は組織にとって大きな課題です。しかし、有能な経営者ほど自分のやり方に固執してしまい、その結果部下が育たないというケースが見受けられます。

そうした場合、コーチングを受けることで、相手の立場に立つことができるので、「相手にどういう関わりをすると自分で問題を解決する力が身につくのか」「相手から信頼され、相手のモチベーションを高めるコミュニケーションとはどういったものなのか」を体感することができます。

また、コーチングを長く受けることで、経営者自身が傾聴の重要性を知り、信頼を得るための基本的な姿勢を身につけられます。
そうすることで、一方的な指示ではなく問いかけによって、自分で問題に気づき解決しようという人材を育成するコツがわかってくるのです。

経営者として組織をマネジメントするだけでなく、社員の可能性を引き出すことも同時にできるようになります。

こうなれば社内のムードも、そして成果も大きく変わっていくでしょう。経営者の良い方向への変化が、会社にとってもポジティブな影響を及ぼすのです。

300名以上の目標達成をサポートした
コーチングを体験できます。

体験申込み

まとめ

経営者がコーチングを受けることで、自身の活動を振り返るきっかけとなり、周囲の社員への関わり方も変わってきます。

それにより会社全体の士気が高まったりと良い効果を生み出してくれます。だからこそ世界中の経営者たちがこぞってコーチをつけているのです。

多忙な経営者にこそコーチをつける必要があるといえるでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

20代、30代向けコーチングで目標達成をサポート!

この記事をご覧のあなたは、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 自分らしい働き方を見つけ、理想的なキャリアを築きたい
  • ビジネススキルを向上させ、社内で活躍したい
  • コミュニケーション能力を向上させ、 信頼関係を構築できる自分になりたい
  • もっと自信をつけ、望む人生を歩みたい
  • 独立や起業をして自分らしい生き方あり方を見つけたい
  • 今後のキャリアにおいて自分らしい目標を見つけ、 歩みを進めたい
  • 良い習慣を身につけ人生の質を向上させたい


20代、30代の方で、もしも仕事や人生において”今よりももっと”良くしていきたいとお考えであれば、ぜひ私たちの提供するパーソナルコーチングについて知っていただきたいと思います。
どんな些細なことでも構いませんので、何かございましたらお気軽にご相談・お問い合わせください。
まずは体験セッションを受けていただくことで、私たちのコーチングに触れてみてください。

サービスの詳細を見る


こちらの記事も読まれています。