セルフコーチングを行うことによる効果と注意点について

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • あなたが本当に手に入れたいものは何でしょうか?
  • 手に入れるものが決まっていたら、その方向に進んでいますか?
  • そうでないなら、足りないものは何でしょうか?

その答えを知っているのは「あなた」です。これはコーチングの基本的な考え方になります。

ビジネスで成果を出すだけであれば、成功する方法を教わることで充分ですが、理想の自分になるためには「自分を内側から変えていく」という努力が必要になります。

自分を内側から変えていくためには、自分と向き合わなければなりません。その最も効果的な方法は「コーチング」でしょう。

コーチングにはコーチに頼らず自分にコーチングをする「セルフコーチング」というものがあります。

セルフコーチングは、自分自身の可能性を広げ、モチベーションを高めることができます。

しかし、セルフコーチングを行うためには、何が必要なのかを理解しておかなければ効果はありません。

今回は、「セルフコーチングの効果と注意点」について詳しくお伝えしていきます。

※コーチング自体について理解を深めたい方は【図解付き】コーチングとは何か?効果や進め方などわかりやすく解説の記事をご覧ください。

1.セルフコーチングとは?

言葉通り、セルフコーチングとは「自分で自分をコーチングする」ことです。

コーチングとは、コーチがクライアントをゴールとする目標に送り届けるサポートをすることです。

つまり、一般的には、コーチングについての専門知識があるコーチと、目標や悩みを持っているクライアントが存在するのです。

セルフコーチングにはコーチがいません。いるのは自分だけです。自分がコーチであり、自分がクライアントなのです。

そんなことが可能なのでしょうか?

これがティーチングであれば不可能でしょう。ティーチングは知らない知識を教えるということが原則であるため、自分の知らない知識は自分自身に教えることはできないからです。

しかし、コーチングは違います。

コーチングは自分の内側にある問題に気づき、その改善策を自分で考えることが柱だからです。

そのためにコーチは質問をし、クライアントの話を傾聴します。実際のコーチングでもコーチは何もアドバイスはしません。

自分自身を見つめ直すコーチングだからこそ、セルフコーチングは可能だと言えるでしょう。

2.セルフコーチングにはどのような効果があるのか

セルフコーチングには、一般的なコーチングと同じような効果があります。

自分の価値基準がはっきりし、自分の強みと弱みも把握できます。

強みがわかることで、自己肯定感は高まり、自信を持って行動できるようになります。パフォーマンスを発揮できるようになるのです。

また、弱みも把握することで、これまで避けてきた事柄に目を向け、それに対しアプローチすることでポジティブな気持ちに向けることが可能です。

自分が目指すべき目標や課題点もまたはっきりすることで、モチベーションも高まります。周囲の意見に振り回されるようなことはなくなり、やるべきことを優先して行うことができるようになります。

さらに、パフォーマンスが発揮でき、高いモチベーションも維持できることから、自己成長の速度は高まり、目標達成が早まることになるのです。自己実現できるわけです。

コーチングによって自分で問題に気づき、自分で改善策を考えるので、自律性も養われますが、あくまでもコーチのサポートが必要です。

一方でセルフコーチングにはコーチがいません。

セルフコーチングができるということは、コーチに頼らずとも、どんな場面でも自分で問題を解決し、自己成長することができることになります。

3.セルフコーチングで効果を出すためのポイント

3-1.大きなゴールを設定する

それでは、どうすればセルフコーチングができるのでしょうか?

そもそもコーチングとはクライアントをゴールまで送り届けるサポートですから、ゴールがはっきりしていなければなりません。これはセルフコーチングも同様です。

もし明確なゴールがなかったらどうなってしまうでしょうか?

自分がどこに進んでいいのかわからないため、モチベーションが上がりません。

また、ゴールやビジョンがないと、途中で遭遇するであろう逆境にも立ち向かうことが難しくなります。
そうすると当然、あなたの目指す目標に到達することができなくなってしまいます。

ですので、まずは必ずゴールを設定しましょう。

  • もし絶対に成功するとしたら、何がしたい(欲しい)でしょうか?
  • あなたが手に入れたい未来はどのようなものですか?

目標を考える際は、自分にとって大好きなこと、とても興味が持てること、考えるだけでワクワクするようなことがベストです。

「〜しなければならない」「〜すべき」といった目標ではモチベーションが上がらず、行動の原動力とはなりません。

自分にとって大好きなこと、とても興味が持てること、考えるだけでワクワクするような目標こそ、「本気で達成したい」「本気で今の自分を変えたい」という強い思いとなり、セルフコーチングの効果を高めていきます。

ゴール設定については間違った目標設定では達成はできない:目標達成に必要な4つのことで詳しく解説しています。ぜひお読みください。

3-2.自分に質問をし、自分の価値観に気づく

コーチングのポイントは「質問によって、気づきを得る」ことになります。

自分自身に質問をすることは表面化されていない自分の価値観に気づくことができます。

本来であればコーチが的確な質問をしてくれるのですが、そこも自分で行う必要があります。

  • なぜ自分は嫉妬心を抱くのだろう?
  • なぜ自分はこんなに苦しいのだろう?
  • 自分は本当は何をしたいのだろう?

まずは、こうした質問から始めてみましょう。

セルフコーチングで大切なことは、思ってもいなかった感情が自分の中に存在していることに気づき、受け止めることです。

また、セルフコーチングでは、質問をするだけでなく「傾聴」も重要です。

コーチングでは、質問をしてクライアントから出てきた答えを傾聴することで、クライアントが安心して本音を話せることにもあるからです。

自分自身に質問をしていくと、「自分は人に受け入れてもらえない」「自分には協調性がない」といったような、自分自身を否定したくなる心の声を聴くことがあるかもしれません。

しかし、その声を否定せず、まず受け止めることが大切です。

そのような感情や考えになった自分を労わりながら、

「じゃあ、ゴールにたどり着くにはどうしたらいい?」

と質問してみましょう。

このことで今まで否定的に捉えていた行動にも、価値を見出すことができるようになるかもしれません。そしてそれがゴールにたどり着くための鍵を握っていることもあります。

焦らずじっくりと自分自身と向き合いましょう。

3-3.アファメーションにより潜在意識を上書きする

私たちが普段意識している「顕在意識」は全体の意識の10%に過ぎません。

一方、潜在意識は過去に経験したことや考え方などが蓄積されていて、私たちが意識せずとも常に動いている意識で、私たちは普段の行動の90%以上がこの潜在意識に基づいているのです。

過去に親や他人にことなどが、知らず知らずのうちにセルフイメージを形成しているのです。

例えば、

  • 自分には稼ぐ能力がない
  • 自分にはうまくやれそうな気がしない
  • 人前で話すと絶対に緊張してしまう

といった思い込みがあることに気が付いた場合どうしたらいいでしょうか?

潜在意識に刻まれたセルフイメージはなかなか取り除くことはできません。

そこで潜在意識を上書きし自分を変えていくためには、自分自身に対して肯定的な宣言である「アファメーション」を行います。

アファメーションとは、コーチングの祖であるルー・タイスによって生み出されたメソッドであり、言葉によりその人の可能性を引き出し人生を変えるセルフトークをいいます。

アファメーションの大きなポイントは

  • 肯定的な言葉を使う
  • 現在形の表現を使う
  • 「私は」から始める

ということです。

多くの場合、「今、人間関係はよくないけど改善したい」というように、否定的な言葉を使ってしまいがちです。

また、「1000万円稼げるようになりたい」といった未来への願望は、「今は稼げていない」と現状を否定してしまっているのでよくありません。

「私は信頼される仲間に囲まれて仕事をすることができている」
「私は1000万円を稼ぐための道を歩みつつある」
「私は大勢の前で最高のパフォーマンを行うことができる」

このように、ゴールをイメージし前向きの言葉を自分に対してかけていきます。

うまくいったときに見える光景や興奮などもできるだけリアルに五感で感じながら、毎日朝晩鏡に映る自分に向って宣言します。

アファメーションは最高のセルフコーチングのスキルですが、効果が出るのに数ヶ月かかるので根気強く行っていきましょう。

アファメーションの詳しい方法については、アファメーションで願いを実現させる方法と実践するときの注意点をご覧ください。

3-4.自分と向き合うことを習慣化する

コーチングというものは1回や2回行っただけでは効果はありません。

一般的なコーチングでも3ヶ月〜半年といった長い期間をかけて、少しずつ気づきを増やし、少しずつ自分を変えていきます。
セルフコーチングも同じように「継続が重要」になります。

ですので、セルフコーチングを習慣化するための時間を作るようにしましょう。

毎日5分でも構いません。自分と向き合う時間を作ります。

コーチングでは1週間から2週間に一度、1時間くらいの対話形式で行われますので、セルフコーチングでも1週間に一度は、自分と向き合う少し長めの時間を設けましょう。

この時の場所は普段いる場所とは変えた方が効果的です。お気に入りの場所でもいいですし、行ってみたかった場所でも構いません。

そうすることで、自己対話に対してポジティブな気持ちになれます。楽しくないことは長続きしません。

自分自身と向き合うことを習慣化できるように、こういった工夫も大切です。

4.セルフコーチングを行う際の注意点

4-1.現状のタスクを優先し過ぎないこと

「時間管理のマトリクス」というものをご存知でしょうか?

全ての活動を「緊急性」と「重要性」という観点で、以下の4つに分類できるというものです。

第1領域 : 緊急かつ重要なもの(クレーム対応、納期の迫った仕事など)
第2領域 : 緊急ではないが重要なもの(自己啓発、人材開発など)
第3領域 : 緊急だが重要ではないもの(電話対応、メールの返信など)
第4領域 : 緊急でも重要でもないもの(暇つぶし、雑談など)

コーチングで扱うのは、「緊急ではないが重要なもの」である第2領域であるものです。

緊急かつ重要なものは今すぐ対応しなければならないものなので、誰しもがすぐにやるでしょう。

一方、「緊急ではないが重要なもの」に関しては、緊急性がないためいつまでも手をつけずに終わってしまいます。
しかし、長期的な視点で考えたときに、あなたの成長や成功において最も大切なのは第2領域だということはお分りかと思います。

もしあなたが現状のタスクを優先し忙しく働き過ぎることで、最も重要な時間を確保できないのであれば、ゴールに近づくことができないのです。

つまり自分と向き合う時間がない、自分の心を聴く余裕がないという状態になります。

これではセルフコーチングをしていても、中途半端なものになってしまいます。

コーチングは「本気で臨まないと効果が薄い」ので、目先のタスクばかりを優先する前にもっと大切なことがないかよく考え、セルフコーチングに費やす時間をしっかりと確保してください。

4-2.コーチングを理解していないと効果がない

セルフコーチングで一番注意すべきなのは、コーチングをそもそも理解できているのかという点です。

ただ質問を繰り返すだけでは、「だから自分はダメなんだ」という自己否定で終わってしまうこともありますし、自分を無理やり鼓舞するだけでは、自分の心の声を無視して、結果として自分を追い込むことに繋がりかねません。

コーチングの本を少し読んだだけでは本当に理解したことになりません。

コーチングとはどのようなもので、どう進めていけばいいのかということをまずはじっくり勉強してみるべきです。

そうでなければ逆効果になってしまう危険性があります。

まずは、コーチングについてしっかり学ぶという姿勢が重要です。

まとめ

コーチングの知識や経験があれば、セルフコーチングによって自己実現していくことは可能です。しかし中途半端では効果がないということも知っておくべきではないでしょうか。

それには、本当のコーチングとはどのようなものなのか、まずは実際にコーチングを受けてみるのがいいでしょう。そうすれば、どのような質問が効果的で、傾聴とはどのようなものなのか実感できます。

セルフコーチングは、そういった経験を踏まえてからでも遅くないのではないはずです。ぜひ、効果のあるセルフコーチングを実践して、理想の自分に近づいていってください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こちらの記事も読まれています。

パーソナルコーチングで目標の実現のサポートします!

この記事をご覧のあなたは、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 自分らしい働き方を見つけ、理想的なキャリアを築きたい
  • ビジネススキルを向上させ、社内で活躍したい
  • コミュニケーション能力を向上させ、 信頼関係を構築できる自分になりたい
  • もっと自信をつけ、望む人生を歩みたい
  • 独立や起業をして自分らしい生き方あり方を見つけたい
  • 今後のキャリアにおいて自分らしい目標を見つけ、 歩みを進めたい
  • 良い習慣を身につけ人生の質を向上させたい


もしも、仕事や人生において今よりももっと良くしていきたいとお考えであれば、ぜひ私たちの提供するパーソナルコーチングについて知っていただきたいと思います。
どんな些細なことでも構いませんので、何かございましたらお気軽にご相談・お問い合わせください。


サービスの詳細を見る

まずはお問い合わせください
どのようなことでもお気軽にご相談ください

問い合わせ・相談をする