コンフォートゾーンを抜け出して自分を変え、成長するための方法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

昔から伝わっている言葉に「可愛い子には旅をさせよ」というものがあります。我が子の成長を本当に思うのならば親の元で甘やかして育てるのではなく、あえて厳しく辛い環境へ送り出し、苦労や困難を経験させた方がよいという意味で伝わっています。

今回の「コンフォートゾーンを抜け出して自分を変える」という課題を理解するために、最適な言葉ではないでしょうか。

「コンフォートゾーン」という言葉はよくビジネスシーンに登場しますが、自己啓発に関する書籍やセミナーには必ずといっていいほど使用される言葉です。

コンフォートゾーンとは、「快適な領域」「安全な領域」という意味になります。

これは、ゼネラル・エレクトニック(GE)の最高経営責任者(CEO)を務め、「伝説の経営者」の異名を持つジャック・ウェルチ氏に大きな影響を与えたコンサルタント「ノエル・M・ティシー」氏が使い始めた言葉として有名です。

あなたが成長を望むのであればこのコンフォートゾーンから抜け出すことが重要なのです。それは少しずつで構いません。

ここではコンフォートゾーンを抜け出し、自分を変え、成長するための方法について詳しくご説明していきます。

1.  成功はコンフォートゾーンの外にある

1-1. コンフォートゾーンの外側にあるラーニングゾーンへ

投資の世界においてリスクマネジメントは重要です。リスクを管理できなければ大きな損失を招くことになるからです。分散投資といったリスクヘッジも損失を最小限に抑えるうえで大切です。

「リスクはできる限り冒さない」ことがビジネスにとって必要不可欠な要素なのです。

しかし「ビジネスパーソンとして成長するため」という視点で考えたときには話が変わってきます。

慣れ親しんだ仕事ばかりをしていたのでは「自分の殻を破る」ことができないからです。大きな失敗をすることなく、安全に過ごすことはできるでしょうが、実はマンネリ化しているため緊張感に欠け、パフォーマンスは向上しません。

このストレスを感じることなく、いつもと同じ業務を淡々とこなしていく世界が「コンフォートゾーン」なのです。

まさに、コンフォート(快適)な領域といえるでしょう。

しかし、このコンフォートゾーンから一歩外に踏み出すと、新しい世界が待っています。

例えば、自分の担当ではない仕事をしてみたり、転職して新しいチャレンジをみてみるのも良いでしょう。
そうすると、今までのスキルでは通用せず、苦しいと感じるでしょう。これまでとは異なる努力が必要になります、失敗もあるかもしれません。

しかし適度な緊張感があり、あなたの集中力はコンフォートゾーンにいた頃よりも高まります。

こうした経験値がそのままあなたのスキルアップに繋がっていくのです。

この世界がコンフォートゾーンの外側にある「ラーニングゾーン」ということになります。

1-2. ラーニングゾーンよりも外にあるパニックゾーンは負担が大き過ぎる

ノエル・M・ティシーが提唱した領域は3つあります。

ひとつはここまでで説明した、居心地のいい「コンフォートゾーン」です。勝手知ったる自分の庭といった感じです。

その外側には「ラーニングゾーン」があり、さらに一番外側には「パニックゾーン」があります。

明確な境目は微妙ではありますが、ラーニングゾーンとパニックゾーンの大きな違いは、パニックゾーンでは「対応する能力がまったく足りない」ことと、「精神的な負担が激しすぎる」ことです。

例えば小学校を卒業すると、中学生になります。卒業せずに慣れ親しんだ小学校に居続けたい気持ちもあるでしょう。新しい中学校という世界への期待感もあります。

この場合、「小学校=コンフォートゾーン」です。そして、強制的に新しい環境に身を置くことになりますが、「中学校=ラーニングゾーン」になります。最初は戸惑いの連続ですが、少しずつ中学生としての生活や勉強のレベルについていけるようになるでしょう。

これが健全な成長の姿ですが、仮に小学校を卒業した子供がいきなり高校に入学したらどうなるでしょうか?

苦労や困難といった経験が成長には不可欠ですが、こうなると高校生としての勉強にまったくついていけずに挫折してしまいます。ここでは「高校=パニックゾーン」です。

つまり、パニックゾーンに行くことはあまりにも負担が大き過ぎるのです。

1-3.  あなたの成長は身を置く場所で決まる

人は「コンフォートゾーン」「ラーニングゾーン」「パニックゾーン」の3つのゾーンのどこかに身を置いていることになります。

「成長」というキーワードの前では子供も大人も同じです。小学生を卒業する子供も、新しい職場に出社する新入社員も、経験を積んだ経年の社員にも該当することですが、成長する上で最も適した環境が「ラーニングゾーン」になります。

ここまで読んでいただければお分りかと思いますが、ビジネスパーソンは「コンフォートゾーンを抜け出して、ラーニングゾーンに身を置く」ことが理想的なのです。

コンフォートゾーンに安住しているといつまでも今の自分を変えることはできません。逆に、パニックゾーンに居続けるとリタイヤする危険性があります。

「成功はコンフォートゾーンの外側にある」といわれるのはこのためです。

同じ仕事だけを継続していれば失敗は少ないでしょうが、驚くような成功もありません。視野が広がることはなく、これまでの自分の価値観に固執するようになります。

ビジネスシーンは常に変化し続けています。その変化に対応し、成功していくためにも一日も早くコンフォートゾーンを抜け出していかなければなりません。

300名以上の目標達成をサポートした
コーチングを体験できます。

体験申込み(無料)

2. どうすればコンフォートゾーンを抜け出せるのか

2-1.  まずは自分のポジションを的確に判断することが大切

子供であれば、大人が段取りよく次のラーニングゾーンを準備してくれています。小学生が中学生となり、高校生となり、大学生となって、社会人デビューするといった道筋です。

しかし、大人になれば自分の判断と実行力でラーニングゾーンを広げる必要が出てきます。
いつまでもあなたがコンフォートゾーンに居続けても誰も困ることはなく、時間はただ過ぎ去っていくだけです。

ここでポイントになるのが、「自分のポジションはどこなのか分析できているか」ということになります。

つまり今、自分は3つのゾーンのどこに身を置いているのか自覚できているかどうかが問題です。

これは何歳だからとか、経年数が何年だからということで一概に決めることができません。本人にしかわからない感覚があるはずです。

「新入社員の頃のような新鮮さが消えてきた」「あまり頭を動かさなくても仕事ができる」「まったくストレスを感じない」「緊張感がない」「毎日が同じことの繰り返しだ」といった感覚は、現状のポジションがコンフォートゾーンにあることを意味しています。

そこから抜け出すことが、自分を変えることにつながるのです。

2-2.  成長のためにはチャレンジする勇気と行動を持つことが重要

人はリスクを冒すことを恐れます。それは大切な危機回避能力です。ただし、成長するためにはそこから一歩踏み出す勇気が必要です。

新しい業務や知識に慣れるには時間がかかるでしょう。今まで感じなかった負担感はあります。失敗もするはずです。肉体的な面だけでなく、精神的な面でも苦痛を感じることを覚悟しなければなりません。

自転車はペダルをこぎ始める時に最も力を必要とします。しかし、進み始めると意外に力を入れなくても前進していきます。

適度なラーニングゾーンであれば、必ず慣れていくことができますし、この苦労によってあなたは今までにない成長を遂げることでしょう。

大切なことは「自分のポジションを明確にすること」と共に、「勇気を持って自分の限界にチャレンジすること」になります。このチャレンジこそが、コンフォートゾーンから抜け出す方法なのです。

「自分の仕事だけに集中するのではなく、周囲の同僚の仕事の効率を上げることにも力を注ぐ」といったチーム力向上に新たにチャレンジしてみるのもいいでしょう。

「今まで扱わなかった案件にも注目してみる」「成功している営業マンの真似をしてみる」「思い切って興味のある会社に転職する」といったチャレンジもラーニングゾーンへの立派な第一歩です。

2-3.  焦らずスモールステップで達成感を高める

ただし、気をつけなければならないのは「無理をしすぎない」ことです。

孔子も云っていますが「過ぎたるが及ばざるがごとし」で、やり過ぎには要注意です。少しずつ世界を広げていく感覚が大切になります。

例えば、理想を追求して急ぎ過ぎるあまり、未経験にも関わらず大きなプロジェクトのリーダーをやるなどベテランでも難しいことをしようとするとパニックになります。これはすなわち、ラーニングゾーンではなく、パニックゾーンに飛び込んでしまうことになります。

「スモールステップ」で構いません。「新しいチャレンジも達成できるんだ」という実感を積み上げつつ、「失敗は成功の基」だとチャンレンジを楽しむ心の余裕を持ちましょう。

達成感が自信となり、また次のラーニングゾーンへ踏み出す活力になります。

300名以上の目標達成をサポートした
コーチングを体験できます。

体験申込み(無料)

まとめ

「継続は力なり」という言葉もあります。コンフォートゾーンから抜け出すうえで重要な要素です。

「焦らずじっくり新しい世界に触れ、吸収していく」そして「そういったチャンレンジを諦めずに継続していく」ことで、必ずあなたは今のコンフォートゾーンから抜け出し、成長することができます。

コンフォートゾーンを抜け出すのに年齢は関係ありません。常にラーニングゾーンに挑戦する人生を送りたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

20代、30代向けコーチングで目標達成をサポート!

この記事をご覧のあなたは、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 自分らしい働き方を見つけ、理想的なキャリアを築きたい
  • ビジネススキルを向上させ、社内で活躍したい
  • コミュニケーション能力を向上させ、 信頼関係を構築できる自分になりたい
  • もっと自信をつけ、望む人生を歩みたい
  • 独立や起業をして自分らしい生き方あり方を見つけたい
  • 今後のキャリアにおいて自分らしい目標を見つけ、 歩みを進めたい
  • 良い習慣を身につけ人生の質を向上させたい


20代、30代の方で、もしも仕事や人生において”今よりももっと”良くしていきたいとお考えであれば、ぜひ私たちの提供するパーソナルコーチングについて知っていただきたいと思います。
どんな些細なことでも構いませんので、何かございましたらお気軽にご相談・お問い合わせください。
まずは体験セッションを受けていただくことで、私たちのコーチングに触れてみてください。

サービスの詳細を見る

こちらの記事も読まれています。