成果を出すためにコーチングを受ける前に必ず知っておきたいこと

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

「コーチングを受けたい!でもコーチングってどうなの?誰でも効果があるの?」と思われている方は多くいらっしゃいます。

世界的優良企業の約35%のCEOや役員、日本でも上場企業の約12%の経営者や役員がコーチをつけているということをご存知でしょうか?

海外やスポーツ界ではコーチをつけることは常識となっていますが、日本ではまだまだコーチングについて知られていないのが現状です。

そのため、「コーチングって何?」「本当に効果があるの?」「なんだか怪しい」「胡散臭い」といったイメージを持っている方が非常に多いです。

しかし、

  • 仕事やプライベートにおいて目標を持っているけど何をしても上手くいかない
  • 絶対に達成したい目標や自己実現したいことがある
  • そもそも目標が見つからない

こうした場合、コーチングを受けてみることで前に進むことが可能です。

やり方だけを変えても今までとは同じような自分のままでは、成果が出ないかもしれません。
この場合、成果が出ない問題は自分の内側にあるからです。逆にそれに気が付くことができれば、目標達成に近づくことができます。

とはいえ、なんとなくコーチングを受けても受ける側(クライアント)の気持ち次第では思ったような成果は出ず、不満を抱えることになります。

今回は、コーチングとは何なのか、コーチングでより高い効果を出すためには何が必要なのかについてお伝えしていきます。
「コーチングに興味はあるけど不安」と感じている人はぜひ最後まで目を通してみてください。

1.コーチングとは?

コーチングの他にも、ティーチングやメンタリング、カウンセリングなど、一見すると似たように思えるものがあります。
はたしてコーチングとはどのようなものなのでしょうか?

コーチ(coach)とは、本来「馬車」という意味です。交通手段の一種ですが、馬車の目的は「大切な人をその人が望むところまで送り届ける」ことになります。
つまり、コーチングとは、「クライアントの目標達成を支援する」ことを指します。

コーチングは通常、クライアントとコーチの1対1の対話方式で行われます。この対話の中で現状と目標のギャップを埋めていくための支援を行っていくのです。



人生設計などについては一般的に「ライフコーチング」と呼ばれており、ビジネスに特化したものは「ビジネスコーチング」と呼ばれています。

コーチングの大きなポイントは、「教える」ということをしないことです。(ちなみに、教えるというのは「ティーチング」というものになります。

人によっては「なんで教えてくれないの?」と思う人もいますが、コーチングではクライアントの話を聞き続け「質問」することが中心です。

それは、コーチングではクライアントが「自ら考え」「自らやるべきことを明確にする」ということを大切にしているからです。

そのためコーチは、様々な分野のビジネスパーソンに対してコーチングを行うことが可能です。
管理職、営業職、士業はもちろんのこと、教育関連や医療関連に携わる人たちもコーチングによって自分を変え、新しい行動を起こすことができるのです。

またコーチングは、個人だけでなく企業向けのビジネスコーチングもあります。

中には、1対複数というケースもあり、社員はグループに分かれてコーチングを受けます。
社内のチームワークを強化したり、モチベーションを高め、コミュニケーションを活性化させるのが狙いです。

ちなみにコーチングは「カウンセリング」と混同されることも多いですが、カウンセラーはクライアントの話に徹底的に耳を傾け、心の中の不安や悩みを言葉にしてもらいます。
大切なことはクライアントが「話す」ことです。話すことによって、クライアント自身の「気持ちを整理していく」のが狙いです。

2.コーチングを受けることのメリット

あなたがコーチングを受けることでどのようなメリットがあるのかを見ていきましょう。

2-1.大切な気づきを得ることができる

大切なポイントはコーチの質問によって自ら考えることで、新しい視点を持つことができることでしょう。
これは、コーチとの対話を通じて「気づき」が生まれているからです。

コーチングの答えは常に「自分」が持っています。しかし、自分でこの答えを見つけ出すことは容易ではありません。

コーチングを受けることで、自分自身の課題点や可能性への気づき、さらにどうすれば自分のパフォーマンスを発揮できるのかという気づきを得ることができます。

これによって今までよりも考え方や行動の選択肢が増えることになります。そして目標達成までの道のりが見えてくるのです。

ライフコーチングでは、その他にも「自分に自信が持てるようになる」、「ストレスを軽減できるようになる」、「人生から感じる充実感が増す」といった効果が期待できます。

ビジネスコーチングでは、「個々の自立性やリーダーシップを養うことができる」ことや、「コミュニケーション能力が高まる」、「効果的なマネジメントスタイルを確立できる」、「社内のモチベーションがアップする」といった効果もあります。

いずれにせよ、コーチングを受けて視野が広がることによって、今までよりもひとつ上のステージを活動の場にすることができるようになります。

目標までの道のりもより明確になったことで、どんな努力を継続していくべきなのかがはっきりとします。

2-2.コーチングマネージャーとしての成長

コーチングは再現性が高いので、あなたが管理職であるならば実際に自分が受けたビジネスコーチングを現場で再現し、部下の育成に活用することもできます。
トレーニングを受ければ、コーチとしてのスキルも身に付けることが可能です。

マネージャーという立場は、部下が業績を上げられるように育成し、目標達成に導く責任があります。そのためには部下のスキルアップや能力の開発は重要です。

マネージャーがどう関わっていくのが、部下の育成に効果的なのでしょうか?

それは部下が「自発的に考え、行動するようになる」ことです。

何から何まで指導し過ぎて、指示に対してだけ的確に動くような育て方だと、未来を担うリーダーの育成はできません。

コーチングを受けることで、自発的に学ぶことや、課題や問題を自分で解決していったように、部下に対してコーチングをすることで、自分で考え、行動できる人材に育成していくことが可能になります。

それがコーチングマネージャーです。企業にとってとても貴重な存在といっていいでしょう。

業績の向上の面でも、出世の面でもメリットは大きいのです。

3.コーチングが向いている人

コーチングは誰にでも効果があるのでしょうか?

そうだとすると、コーチングを受けることによって誰もが目標を達成できるようになるはずです。

しかし、残念ながらコーチングを受けても効果が出にくい人がいます。

  • 自分の内面と向き合いたくない人
  • 今の自分を変えたくない人(現状に満足している人)
  • すべてコーチに何とかしてもらおうと考えている人

こういった人はコーチングには向いていません

コーチングはあくまでも「自分の内で新しい発見をして、自発的行動を促進するコミュニケーション」になります。
自分を見つめようとせず、他人任せで目標を達成しようと考えているのであれば、コーチングを受け手も何も変わりません。

逆に「何としてでも目標を達成したい」と強く願っている人は、コーチングを受ける価値があります。

これまで実際の行動に移せていなくても問題はありません。一歩踏み出す勇気をコーチが与えてくれます。
実際に行動してみたが上手くいかなかったという人ももちろんコーチングの効果が期待できます。

目標を達成したいという強い思いが、自分と向き合い、自分を変える挑戦に繋がります。

コーチングでの気づきに素直に反応し、行動できる人は、コーチングが向いている人だといえるでしょう。

4.成果を出すため、コーチングを受けるまでにやるべきこと

成果を出すために、クライアントがコーチングを受けるまでにやっておくべきことは、「心構え」になります。
「絶対に目標を達成したい」という気持ちを固めておくことです。

コーチングでは、コーチとクライアントは役割が違うだけであって「対等な関係」になります。
コーチが何とかしてくれるだろうという受け身の状態で臨んでも効果が出ませんので、「まず自分で考える」という積極的な姿勢が必要なのです。

  • 自分にはどんな目標があるのか
  • 自分はどうなりたいのか

をはっきりとさせておきましょう。

これがないと、「コーチングを受けても意味がない」と思ってしまいます。

コーチとの対話の中でどう感じたのか、例えそれがネガティブな感情であったとしても、しっかりと「正直に話をしていく心構え」をしておきましょう。

どのような目標設定をすればいいかわからない人は、以下の記事を一読することをおすすめします。

間違った目標設定では達成はできない:目標達成に必要な4つのこと

5.よいコーチの見つけ方

クライアントの気づきとそれに伴う変化や行動を促すコーチングの場合、専門性を追求する必要はありません。

だからといって誰にコーチを依頼してもよいわけではありません。もちろんコーチによって、コーチングの効果は変わってきます。

 

ここでポイントになるのはそのコーチの「経歴」です。コーチングとしての「経験が豊富」で「実績がある」コーチは期待できます。

いろいろな状況のクライアントを対応しているはずです。巧みにサポートしてくれるでしょう。だからこそ、実績については、わかる範囲だけでもしっかりと確認しておきましょう。

とはいえ、コーチとクライアントの間に信頼関係が築けなければ、クライアントは良い方向に前進することができません。

いくら経験や実績が豊富でも、クライアントとの関係構築ができなければコーチングは機能しません。

信頼関係の構築の上手なコーチもいれば、質問が上手なコーチもいます。

しかしどれくらいのテクニックがあるのかは、コーチングを受けてみないとわかりません。

ですので、気になるコーチがいたらまずは「体験セッション」を受けてみて、相性を確認してみることをおすすめします。

6.コーチングを受ける期間について

最後に、どれくらいの期間や回数を受けるのがいいのか確認しておきましょう。

これについては、特に決まりはありませんが、短い人では3ヶ月、長い人では数年コーチングを受けるというのが一般的です。

人によって目標が異なるため、成果を出すために必要な期間が異なります。

数年もコーチングを受けるというと驚かれるかもしれませんが、ずっと同じことをしているわけではなく、達成したら次の目標、達成したら次の目標というようにステップごとに目標が変わってくるため長期的にコーチングを受けることとなります。

自分がどれくらいの期間が適しているのかは、コーチと相談しながら決めていくとよいでしょう。

まとめ

コーチングを受けることによって、自分自身としっかりと向き合い、心の中を整理することができます。努力しているのに目標を達成できない人は、その原因がはっきりするでしょう。

コーチングによって、見たくない自分を見ることになるかもしれませんし、厄介な改善点が見つかるかもしれません。

しかし、そこから目をそむけたままでは、目標を達成するのは困難です。改善点を見つかったことをプラスに受け止め、実際の行動に反映していきましょう。成果は大きく変わってきます。

じっくりと自分と向き合い、コーチを信頼してその言葉を受け止めることができるのであれば、コーチングを受ける意義は必ずあります。
絶対に達成したい目標があるのであれば、ぜひコーチングを受けて、新しいスタートをきってください。

具体的なコーチングのイメージを知りたい方はコーチング受けたいけど躊躇している人へ!実際の流れやイメージ、感じたことなどお伝えしますの記事をぜひチェックしてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket

こちらの記事も読まれています。

パーソナルコーチングで目標の実現のサポートします!

この記事をご覧のあなたは、以下のようなお悩みをお持ちではないでしょうか?

  • 自分らしい働き方を見つけ、理想的なキャリアを築きたい
  • ビジネススキルを向上させ、社内で活躍したい
  • コミュニケーション能力を向上させ、 信頼関係を構築できる自分になりたい
  • もっと自信をつけ、望む人生を歩みたい
  • 独立や起業をして自分らしい生き方あり方を見つけたい
  • 今後のキャリアにおいて自分らしい目標を見つけ、 歩みを進めたい
  • 良い習慣を身につけ人生の質を向上させたい


もしも、仕事や人生において今よりももっと良くしていきたいとお考えであれば、ぜひ私たちの提供するパーソナルコーチングについて知っていただきたいと思います。
どんな些細なことでも構いませんので、何かございましたらお気軽にご相談・お問い合わせください。


サービスの詳細を見る

まずはお問い合わせください
どのようなことでもお気軽にご相談ください

問い合わせ・相談をする